更年期は続くよ・・・
ボソッとつぶやいて、明るく生きたい。
さあ 今日は又新しい一日の始まりだ

昨日までの事はさっぱり忘れて

今日一日だけを頑張ればいい


(うん それならできそうだ)


過去の怒りは

今が幸せなら忘れられる

許せなくても忘れられる


(幸せにならなくっちゃ)


怒りを感じる暇も無いほど

忙しいのは良い

一日を好きな事で

いっぱいにするのは良い


(スケジュールいっぱい。)


穏やかな気持ちでいられるのは

身の回りの大切なものから得ている

力のおかげ

日々その何気ないものを

見失う事無く生きていこう


(ありがとう)


与えられた運命と思えば

穏やかな気持ちで乗り越えられる


(どっこいしょっと)


私 お給料はもらっていないが

これでも家事のプロである

しかも長年のベテランなのである


(エヘン)


平凡なのは
 
すでに

平均点を超えている


(大丈夫、よく頑張れてる。)


お昼は お惣菜を買って済ませましょ

体に良い物 緑の物

食欲をそそる 肉 魚

カロリーは抑えて

これも食べたい あれも美味しそう


(まよう まよう)


幸せに点数はつけられない

その人それぞれの

感じ方しだいなのだ


(私の点数は、日によって色々。)


楽して笑う者の陰に

苦労して怒る者あり


(感謝の言葉と、お手伝いを)


健康で

好きな事に囲まれた

平穏無事な年になりますように

どうかよろしくお願いいたします


(チャリ~ン、パンパン)


人との付き合いには

あれこれ気を使う

あの人に気を使わせてはいけないと

気を使う

そんな気を使っている事を気付かれまいと

さらに気を使う

「気を使っていただいて」と言われ

「そんな事、ちっとも」と

大げさに否定する

そんな大人のやり取りが出来ないと

気の付かない人と思われる


(ああ、めんどくさいねえ。)


取り合って食べるのが美味しいと

言うけれど

あなた

私の分まで食べたでしょ

幾つ食べたの

食い物の恨みは恐ろしいんだからね


(私とした事が失礼しました。新年からおはずかしい
 本年もよろしくお願いいたします。)


御訪問ありがとうございます

年末年始はしばらく休みます

皆様の ご健康を御祈りして、、、


(沢山の御訪問と拍手をありがとうございました。)


大掃除

ピカピカにしてニッコリ笑う

しかし

美しいのは つかの間

汚れがじわじわ積り

やがて元通り


(それでも、やるよ。)


一度 重ね着をしたら

もう

春まで減らす事は出来ない


(一枚、二枚、三枚、、、、、)


老いて弱りゆく

親の姿に耐える事

それも子の勤め

悲しくても 寂しくても

親には相談できない


(小さくなったね。)


ダメだ

失敗した

だけど仕方ない

次がんばろう


(あきらめの良さが身を助ける。)



世間では

大掃除グッズの販売で賑わっているが

私のエンジンはまだかからない


(あわてない あわてない。)


老化による

忘れっぽいのが救いになって

執念深さが消えてきた


(少し丸くなったのかな。)


年上の人には敬語で

しかし

この人は若く見えるが年上かも

この人は老けて見えるが年下かも

年を聞くのは失礼というもの

悩むうちに敬語とため口がミックスした

妙な会話になる


(悩む悩む)


寝る時は

頭の中を空にする

終わった事を思い返さず

明日の事も心配せずに

脳を眠らせる


いけない いけない


ボケてきたはずの脳が活動している

まだまだ脳は元気ということなのか

そんな余計な事まで考える


(眠れぬ夜はつらい。)


熟年は

好きな服を着て

好きな所へ行く

そして

見たい物を見て聞いて

食べたい物を食べる

ああ 幸せだ


(健康を気にしながら、遊びも一生懸命。)


心配事なら数あれど

今日はとにかく笑って過ごす

今日はとにかく歌ってみよう


(まったり まったり まったりな~)


山の斜面に並ぶソファー

そこでくつろぎ

絶景を楽しむ

ここはリビングではなく

標高1900メートルの山のテラス


清里

(行ってきました 清里テラスです。)


人間という

なんとも

面倒くさいものに生まれたからには

その事を 理解納得したうえで

さっぱりと生きていきたい


(ひじょうに難しい事ですが、、、)


嫌な事を忘れる為

あの事はもう忘れようと言ってみた

もう忘れたと言ってみた

何度も何度も言ってみた

頭の中が忘れたでいっぱいになって

忘れたような気になれた


(あとは時間が解決だね。)


派手であろうと

若作りであろうと

気にしない

好きな格好で

行きたい所へ出かけるよ


(楽しい!何とでも思ってくれ。)


古い歌を聴いて

涙が出るのはなんでやろ

秋のせいやろか

歳のせいやろか

吉田拓郎の「唇をかみしめて」

ええ歌やなあ


(武田鉄矢の刑事物語の歌よかったなあー)


越前海岸 

日が沈み

沖で働くイカ釣り船

宿の窓から 

船の灯りを一隻二隻と数えつつ

イカ刺しとビールで乾杯


(漁師さんに感謝です。)

越前