更年期は続くよ・・・
ボソッとつぶやいて、明るく生きたい。
派手であろうと

若作りであろうと

気にしない

好きな格好で

行きたい所へ出かけるよ


(楽しい!何とでも思ってくれ。)


古い歌を聴いて

涙が出るのはなんでやろ

秋のせいやろか

歳のせいやろか

吉田拓郎の「唇をかみしめて」

ええ歌やなあ


(武田鉄矢の刑事物語の歌よかったなあー)


越前海岸 

日が沈み

沖で働くイカ釣り船

宿の窓から 

船の灯りを一隻二隻と数えつつ

イカ刺しとビールで乾杯


(漁師さんに感謝です。)

越前



食欲減退の夏は無いまま

食欲の秋に突入する

なにもかもが美味しい


(困ったもんだ。)


ベテラン主婦

手抜きなどとは

解らぬ程度に楽をする

ヨッ!おばあちゃんすごいね


(はい、ありがとう)


季節の変わり目

なんとなく体調がいまいちなのは

更年期が原因か

それなら仕方が無いとあきらめる


(いつもの事だ元気出していこう。)


人よりも

暑さも冷えも体に響く更年期

ファッションの

季節の先取りをする余裕無し


(デパートはもう秋の装いです。)


ダメ出ししか出来ない

あなたに嫁いで38年

私のやる気をなえさせてきた

今じゃ

褒められようとも思わない

自分で褒める 満足する

その出来栄えを自分で喜ぶ


(貴方の評価は私の耳に入っていない。)


辛い過去の思い出なんかにふける事無く

さっぱりと

今日 今 この時を生きる



(物思いにふける秋、気を付けよう)


ワサビやショウガの辛みを

美味しいと感じる

なますや酢漬けも

美味しいと感じる

ゴーやの苦味さえ

美味しいと感じる

大人だねえ


(体にいいものは皆美味しいね。大人ですから)


相手が笑顔なら

負けずに笑顔で答える

相手が満面の笑顔なら

こっちも思い切りの笑顔を返す

そして

これでは足りなかったかと

なお反省する


(これ以上は無理です。)


ひまわり畑に行って来たよ

猛暑の中 お花が皆こっちを向いて

笑ってるみたいだった

私も笑顔になれて

元気もらったよ ありがとう



ひまわり



やさしい言葉には

やさしい言葉が返ってくる

温かい言葉には

温かい言葉が返ってくる

嫌みには嫌みが返り

意地悪には意地悪が返る

自分の欲しい言葉をかけてみれば

希望通りの言葉が返ってくるかな


(売り言葉に買い言葉って望んでないから。)


明日の事は

明日になってみなければ分からない

たとえ予定が決まっていようとも


(なんて日だ!と、なりませんように。)


肌に痛い程の日差し

エアコンの冷え

それが

更年期で弱った自律神経をいたぶる

秋ちゃんはまだか

じ じ じりつしんけいが、、、、

ガタガタなんだよー



(もう少し もう少し)


綺麗にとかした筈の

痩せた髪

風がふいたら

力無く乱れる


(天使の輪が無い。)


のんびり ごろごろ

うだうだ だらだら

ボーッ 

そんな日があってもいいんじゃない



(明日は、しゃんとするから)


出来る事から一つ一つ

落ち着いて
 
ゆっくり

それでも間に合わせる余裕

熟年の貫禄


(だてに歳はとってないよ。)


後悔ばかりの反省なら必要無い

とにかく 終わった 終わった

次いってみよう


(ああ忙しい)


主婦の会話の最後は

とりあえず

ありがとー

なぜか

ごめんねー

そして

又ねー


(なんで謝る?まあいいか。)


ああすれば良かった

こうすれば良かった なんて

ええい 女々しいねえ

終わった事はすっぱり忘れて

前に進もうじゃないか

お天道様も味方になって下さるってもんよ


(ヘイッ!)


こうなる事は決まっていた

どうあがこうとも

こうなる事に決まっていたのだ


(そうか、決まっていたなら仕方が無い。)


メロン もも マンゴー

食べたい 食べたい

今すぐ食べたい


(すぐにはちょっと )


運は天に任せ

この身は流れに任せ

我はただ生きていればよい


(命あるかぎり)


私見かけは老化してこんなですが

中身は見た目よりずっとデリケートなんです

大きな声でよく喋り

顔は強そうに見えているかも知れませんが

体はあちこち弱っているのです

ちっともはかなげには見えないかもしれませんが

どこもかも繊細なんです

どうかいたわって下さいませ


(オホッ オホッ ホ ホ ホ)


あれも心配

これも心配


他に心配しておく事は

無かったかしらなんて

心配性が止まらない


(性格は変えられません。)


井戸端会議には体力がいる

立ったままで

長時間の会議である

「椅子が欲しいよね」

「ほんとだね」

全員一致の意見です


(とりあえず塀にもたれて続行する。)


ばかだねー

そんなに気を使って

病気になっちゃうよ


(ええっ、それはいやです。)


お天道様

お湿りが欲しいとは申しましたが

イキナリこんなに頂かなくとも

ほどほど 適度に 

お頼みします


(あーびっくりした。)


我が身に降りかかる苦難を

神様が与えたものと理解すれば

しょうがないと納得し

乗り越える心構えが出来てくる


(うんとこどっこいしょ。)