更年期は続くよ・・・
ボソッとつぶやいて、明るく生きたい。
辛く苦しい事の後には

鍛えられ 生まれ変わった

新しい自分がある


(もう、負けないもんね。)


四つんばいで庭をはい回る

両手でかきむしり

じりじりと前進

汗まみれ 泥まみれ


(人間です。私の草取りの様子です。)


何事も経験と受け止める

何事も勉強と受け入れる


(人間、一生勉強か、、、)


わざわざさん と ついでさん

何時も疲れる わざわざさん

要領のいい ついでさん


(わざわざなのに、「どうせついでですから」と
 ついでの振りをする人は、一番疲れてる。)


物事は 順番が大事

順番を誤ると

大きな苦労が付きまとう


(これの前には、あれをしておかなくっちゃ!)


天然の

気さくな人の周りには

沢山の人が集まる


(そうなりたいと願う人の周りにも、徐々に人が集まる。)


その策は絶対ありえないと

頑固に思っていたはずが

それもありかと受け入れる


(なんでもありの時代ですから。)


人生は

勝負の世界の様なもの

こう打った

そっちはどう返す


(今回は先手必勝 いや
 サヨナラホームランでいきますか。)


人の世の浮き沈み

自分は今 

浮いているのか沈んでいるのか

目立つことなく 

かろうじて水面を

プカプカ漂う


(のんびりと穏やかな日が続きますように。)


行く手を邪魔する厄介者

そんな時は方向転換

こっちの道には

厄介者もうらやむ楽しみがある


(厄介者は相手にしない。)


もめ事の後の修復には

お互いの

歩み寄りが必要


(頑固な意地っ張りには難しかろう。)


相手のたくらみを見抜き

そういうことか

そういう意味かと

心が凍る


(怪談話のようにゾッとする瞬間だ。)


その場限りの 取り繕いは

相手に

誠意が伝わらない


(ん?見抜かれているか)


ここは5分で片付けて

あっちは10分で出来るはず

その間20分であれもする


(主婦の朝は総理大臣並みの忙しさ)


人の痛みは

自分が辛い時以上に

胸が痛む時がある


(かわいそう過ぎるニュースが多いこのごろです。)


アルバムを見て過ごす時間

自分の人生

まんざらでもないと

元気になれた


(写真の中の自分、嬉しそう)


心が曇っている時は

外の空気を吸いに出る

花や緑を見て歩けば

いつしか心が晴れていた


(自然には不思議な力があるんだねー)


解らない言葉は

直ぐに調べる が

また直ぐ忘れる


(あれ?なんだったっけ、、、)


すでに答えの出ている人からの

悩み相談は

自分の考えを言うより

聞き流し番が良い


(うんうん、そうねえ、、、、、)